暴食に伴うネキシウムの使用の注意と併用薬への注意

胃の調子が悪いと感じてしまうことは現代においては多くなりました。痛みや不快感から医療機関を受診してみると胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎となってしまっていて、ネキシウムを処方されるというケースも多くなっています。その原因となっているものはストレスであるということもよく言われていますが、それに加えて多くなってきているのが暴飲や暴食によるものであり、特に逆流性食道炎の原因として暴食が影響していることが多々あります。焼肉などの食べ放題のレストランや、ブッフェレストランが多くなってきていることを受けて、もっと食べたいと考えて大量に食べてしまうことで胃が気持ち悪くなるということを繰り返していることにより、内臓の位置が動いてしまったり、肥満になった影響を受けたりして逆流性食道炎が起こってしまうということもしばしば見られることになってきています。しかし、ただ暴食をして胃の不快感があるときにネキシウムを飲んでも状況が悪化するだけであるということは理解しておくべきでしょう。ネキシウムには胃酸過多による胃の痛みや不快感を軽減する効果を期待することはできますが、単純な食べ過ぎによって起こっている不快感を改善することはできません。むしろ胃酸が減ってしまうことで消化不良になってしまい、防食の不快感の解消を遅らせることになってしまうリスクがあるのです。一方、ネキシウムは胃の酸性度を変化させることで薬の吸収率を変化させることがよくあるため、併用に注意しなければならない薬が多数あります。そのため、普段から飲んでいる薬がある場合には併用可能であるかどうかということは医師や薬剤師に必ず確認をとることが大切です。