胃腸炎の治療で入院の際に処方されるネキシウム

胃の痛みや胃もたれなど不快な症状が続いた場合は、必要な内視鏡検査などを行うと胃腸炎だと診断される場合が良くあります。
入院治療が必要な場合もあり、良く選ばれる内服薬ではネキシウムがあります。

このネキシウムは、国内でプロトンポンプ阻害薬として4番目に販売された薬です。
この薬は、他のどのプロトンポンプ阻害薬よりも、効果が強いと言われています。
強力に胃酸の分泌を抑えるため、胃腸炎の症状を改善させたり、難治性の潰瘍にも効果を発揮したりします。
そのため、胃潰瘍や逆流性食道炎の治療には、まず、第一に選択されることが多くなっています。

胃酸は、正常な状態であれば、胃腸に侵入してくる細菌を殺菌すす役目を果たすのですが、胃壁が弱っているたり、胃腸炎になっていたりすると、胃粘膜を傷つけてしまい胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因にもなることがあります。
この胃酸が逆流してしまうと、食道へのダメージもあり、げっぷが出たり、胸焼けを感じたりします。

ネキシウムは、酸分泌抑制薬であり、胃酸の過剰な分泌を抑制します。
胃酸が引き起こす悪影響を無くすのに役立ちます。

その結果、胃腸炎や胃潰瘍や逆流性食道炎の改善や軽減に役立ちます。
胃痛や胃もたれ、胸焼けも、しのぎやすくなります。
鎮痛薬による副作用で起こった胃の炎症などにも有効です。

そのほかにも、ネキシウムは胃炎や胃潰瘍などの胃の病変の原因となるピロリ菌の除菌にも用いられています。
除菌を目的で使う場合には、通常、他の抗生物質と同時に処方されます。
胃酸を抑制する作用があるので、胃での抗生物質の効果もそれだけ良くなることで、除菌の成果が高くなるとされています。

このように、ネキシウムは入院での胃腸炎などの胃の病変やピロリ菌の除菌に広く用いられている内服薬で効果も大きいのが特徴です。